レンタルドレスと比較 | 自分でウェディングドレスを作ってみよう!

作ってよかった世界に一つだけのウェディングドレス

ウェディングドレスを自作するためには

手作りのウェディングドレスがオススメな訳

女性なら誰でも憧れるウェディングドレス。
晴れ舞台に着るドレスだからこそ、とことんこだわりたいところです。
そして、何よりウェディングドレスを自作するメリットはたくさんあります。
まず、費用を大幅に削減できることです。
結婚式全体でかかる費用の相場は、300~400万円と言われ、その内ウェディングドレスやタキシードの衣装にかかる費用は50万円前後となっています。
費用の中で、かなりのウェイトを占める衣装を手作りにすれば、素材や方法、デザインを工夫することで、だいぶ費用を押さえられます。
また、自分好みでジャストなサイズのドレスを作れるところも大きなポイントです。
レンタルや購入だと、なかなか自分の好みのものがなかったり、サイズが合わない、予算オーバーで選べない…なんてこともありません。
特別な日に、自作のドレスを身にまとうことは、本人にとってやはり格別なことのようです。

これから挙式の方必見!ドレス選びのコツ

結婚式の中で、一番と言えるほど費用がかかるのが、衣装です。
一生に一度のイベントだからと、高額な衣装代を奮発する方も多いようですが、その日その数時間だけにその金額がかかると思うと、費用も抑えたいのが本音です。
しかし、晴れ舞台なので、やはりこだわりたいという気持ちもあるでしょう。
そこで、ドレス選びにおけるいくつかのポイントを紹介します。
ドレスなどの衣装は、結婚式のパックプランに組み込まれているもの、ドレスショップからのレンタル、中古品購入、手作り…などがあります。
よくある結婚式のパックプランには、衣装代も含まれていてお得感がありますが、実際には、選べる衣装の数が少なく、それ以外のドレスを選択すると更に追加料金がかかる場合があります。
逆に、中古品には格安なものも多く、自作に関しては、手間はかかりますが、費用の面においては、究極の節約となります。
自分の好みのものか、予算内かも重要な確認事項です。


この記事をシェアする